建設業界の動向

【 PRポイント 】

2013年度予算では、公共事業費が前年度の4.6兆円から15%増の5.3兆円規模となり、昨年度の緊急経済対策の補正予算と合わせて総額10兆円超の公共事業が始動しました。 また、折からの低金利やアベノミクス効果もあって、2012年度の新設住宅着工戸数は前年度比6.2%増(国土交通省)となるなど民間投資も回復の兆しが見られます。   TDB景気動向調査(全国)でも、2012年5月の建設業の景気DIは前月比1.2ポイント増の47.6となるなど5ヵ月連続で改善されており、「仕事量が豊富であり、今後大型物件も数多くある」との声も聞かれ建設市況はここに来て大きく改善しています。 しかし、一方で、「職人が足りず業者間での引っ張り合いとなっており、受注したくても出来ない状況である。資材の高騰もあり非常にバランスが悪い」との声も聞かれ、激しい価格競争に加え、建設労働者不足に伴う建設コストの高騰、円

給与
職種
勤務地
休日・休暇
詳細を見る

2020年東京オリンピック 建設予算は4554億円

【 PRポイント 】

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催まで約7年。 総額4500億円超を投入する競技会場の整備など、短期間に集中的な施設整備が進められる。 競技会場などの施設整備は、計37会場(既存15会場、計画2会場、新規9会場、仮設会場11)。 メーンスタジアムとして改築する国立競技場を含め、建設工事費は総額4,554億円を見込んでいる。 都が新規に整備する競技会場では、 事業費1,300億円の国立競技場改築(予想では3,000億円かかる) 事業費364億円の夢の島ユース・プラザ・アリーナや 事業費321億円のオリンピックアクアティクスセンター、 事業費176億円の有明アリーナ など臨海部を中心にしたビッグプロジェクト。 7年という期間は、設計・施工図面など前段階があり、発注者も施工者からも決して余裕がある時間ではない。 宇宙基地のような新国立競技場オリンピックスタジアムには、VIP席・個室

給与
職種
勤務地
休日・休暇
詳細を見る

建築施工管理技士とは

【 PRポイント 】

建築施工管理技士(けんちくせこうかんりぎし)は、国土交通省管轄の国家資格です。 建設業法第27条の2に基づき実施されている資格で、1級建築施工管理技士、2級建築施工管理技士に大別されます。1級建築施工管理技士は、一般建設業、特定建設業の許可基準の一つである営業所ごとに置く専任の技術者、並びに建設工事の現場に置く主任技術者及び監理技術者の有資格者として認められており、大規模工事(超高層建築、大規模都市施設等)を扱います。また公共性のある重要な5000万円以上の建築一式工事または2500万円以上の上記以外の工事では、これらの資格を有する主任技術者、監理技術者を専任で置く必要が生じます。公共工事に参加する建設業者を技術的、経営的に評価する経営事項審査の技術力評点において1級建築施工管理技士は全22業種中16業種で5点が配点されます。 現代においては一級建築士、1級建築施工管理技士のみが建築施工管

給与
職種
勤務地
休日・休暇
詳細を見る

土木施工管理技士の資格が有効な主な就職先

【 PRポイント 】

土木施工管理技士とは、河川、道路、橋梁などの土木工事において、現場での工程・安全管理など施工管理計画に必要な技術上の管理などを行う技術者を認定する国家資格です。 主な就職先としては、土木・建設系企業、ゼネコンが一般的です。 河川や道路、ダム、トンネルといった土木工事の需要は尽きることが無く、土木施工管理技士の有資格者の将来性は非常に安定しています。 1級土木施工管理技士は、建設業法に定められた土木工事関係8業種の許可に際して、営業所ごとに置かなければならない専任の技術者並びに工事現場ごとに置かなければならない主任技術者又は監理技術者となることが認められていますので、法的な意味でも身分が保障されている資格です。 また、一定予算額以上の公共工事を請け負う為の入札時にも、会社の所属する有資格者数が大きく影響することなどもあり、土木工事会社やゼネコンでの評価は非常に高いものとなっています。 近年、

給与
職種
勤務地
休日・休暇
詳細を見る

人材不足

【 PRポイント 】

  復興などで公共事業が増えたため、全国の建設業者の 35%が人手不足に陥っているんだそうです。 なかでも東日本大震災の被災地は64%の業者が人手不足になっています。 人手が一人でも増え、被災地の復興を少しでも早く行えるよう 建築・土木関連の人材派遣の求人サイトが設立されています。 「建設エンジン」は東北の建設会社に特化した求人情報が数多く紹介されています。 土木関連、建築関連、土木設計・調査・計測関連など いくつかの項目にわかれているので 求人を探している方はより簡単に探せます。 こちらのサイトから求人に応募した場合、 個人で就職活動を行うよりも内定・入社率は高まります。 東北の求人に興味がある方はぜひ「建設エンジン」を利用し お仕事探しをしてみてください。

給与
職種
勤務地
休日・休暇
詳細を見る

土木施工管理技士の主な仕事内容

【 PRポイント 】

土木の仕事を進めるに当たって、土木施工管理技士は現場で作業の監修・指揮をします。 ひとつの工事が行われる際、どのように工事を進めるか、工事日程の調整、工期の設定、工事費の積算等を検討します。 同種工事経験者など、なるべく多くの専門家の意見を取り入れ、この工事が早く、安全にかつ高品質のものができるよう、最適の施工計画を立案します。 この施工計画を受けて、実際の現場で工事を指揮するのも土木施工管理技士の仕事です。 関連する作業の手順、資材・機械の手配を常に考え、工事をスムーズに進めます。 現場で監修・指揮するといっても、直接作業員に手取り足取り作業を指導するのではなく、工事の全体の流れを把握して、それぞれの現場の指導者に適切な指示を与えます。 主な仕事内容は次の3つになります。 ・工事日程の調整、工期の設定、工事費の積算同種工事経験者など、なるべく多くの専門家の意見を取り入れ、この工事が早く、

給与
職種
勤務地
休日・休暇
詳細を見る

施工管理技士の3つのメリット

【 PRポイント 】

■メリット1 1級「施工管理技士」は、特定建設業および一般建設業の許可基準である「営業所の専任の技術者」および建設工事の現場に配置される「監理技術者」または「主任技術者」になれます。 特に、「指定建設業」の特定建設業においては「営業所の専任の技術者」や「監理技術者」は、原則として1級「施工管理技士」等の国家資格者に限定されるため、重要な資格となっています。 2級「施工管理技士」は、一般建設業の「営業所の専任の技術者」および「主任技術者」になれます。 2級「施工管理技士」であっても、所定の指導監督的実務経験があれば、指定建設業以外の特定建設業の「営業所の専任の技術者」、「監理技術者」にもなれます。 ■メリット2 公共工事を元請として受注する場合に受けなければならない「経営事項審査」の技術力の評価において、1級は「5点」、2級は「2点」が配点されるため、 施工管理技士の資格を取得することは所属

給与
職種
勤務地
休日・休暇
詳細を見る

土木施工管理技士になるために

【 PRポイント 】

土木施工管理技士の勉強時間、学習時間は2級で400時間、1級でさらに600時間、合計1000時間程とされています。 ですが実務経験を経ていないと受験できない資格ですので、勉強期間は1,2級ともだいたい半年から8カ月程度と考えられています。 土木施工管理技士2級の受験資格は大卒土木学科卒で1年、専門土木学科卒で2年、高校土木学科卒で3年、土木学科以外の人は同一学歴あたりさらに1.5倍の実務経験を要します。なお中卒や高校中退その他の人は実務経験5年です。 1級の受験資格は大卒土木学科卒で3年、専門土木学科卒で5年、高校土木学科卒で10年、土木学科以外の人は同一学歴あたりさらに1.5倍の実務経験を要します。 また2級合格後で5年以上の実務経験があれば受験できます。 土木施工管理技士の合格率は2級学科で60%、実技で70%ほど、1級の学科で50%、実技40%ほどです。 さすが受験資格が制限されてい

給与
職種
勤務地
休日・休暇
詳細を見る

【復興庁】作業員宿舎に全額補助…住宅再建の人材確保へ

【 PRポイント 】

復興庁は27日、東日本大震災の被災地での住宅再建を加速させるため、東北沿岸部での土木作業員用の仮設宿舎整備について、復興交付金で費用を全額助成することを決めました。 人材不足の深刻化を踏まえ、受け入れ態勢の充実を図ります。 沿岸部の被災地では集団移転に向けた高台の宅地造成が進んでおり、今後は被災者による住宅再建が本格化します。 しかし、現地には土木作業員が滞在できる施設が少なく、内陸部から往復4時間かけて通うケースもあり、人手を集めにくい問題が指摘されていました。 住宅用資材も不足しているため、事業者間で融通し合う仕組み作りを進める建設業団体に、運営経費を助成します。 住宅を再建する被災者向けに公的助成や民間融資などの相談会も開くようです。

給与
職種
勤務地
休日・休暇
詳細を見る

一級土木施工管理技士 試験の特徴・傾向

【 PRポイント 】

一級土木施工管理技術検定の試験範囲は、 学科試験・実地試験ともに施工管理における非常に幅広い専門分野から出題されます。合格するためには過去の本試験問題や演習問題などを繰り返し行うことにより、自分の実力を把握し、弱点となる部分を補いながらの学習が必要となります。 また、試験の合格率について、平成24年度の一級土木施工管理技術検定学科試験の合格率は54.8%、実地試験の合格率は、34.6%でした。 学科試験の合格率を見る限り、極度に難しい印象は受けないかもしれませんが、ストレートで合格を目指す場合、単純に考えても2割程度の合格率となります。(※学科試験合格者の実地試験合格率を34.6%とした場合は、18.96%) この事実は、合格基準点すれすれで学科試験に合格した場合、学科と実地の試験に必要な知識が不可分であることを考えると、実地試験でかなり苦戦を強いられることを表しています。さらに実地試験は

給与
職種
勤務地
休日・休暇
詳細を見る