震災5年 職員の被災地派遣 新年度は10市町22人

【 PRポイント 】

東日本大震災で被災した東北3県に、群馬県内市町村から2016年度に派遣予定の職員は22人(15年度比2人減)で、このうち土木や建築など技術系の専門職は半数以下の10人(同3人減)にとどまることが、分かりました。

総数、専門職とも3年連続減り、被災自治体では復興事業に向け、土木を中心に専門職の不足が深刻化しています。ですが、専門職はもともと人数が少ないため、派遣元の市町村も人員に余裕がなく、被災地の要望に応えられていません。

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244