要件緩和、予定価格も引き上げ 市立病院建設入札再公告 宮城県気仙沼市

【 PRポイント 】

宮城県気仙沼市は15日、気仙沼市立新病院建設工事の制限付き一般競争入札(入札参加資格事前審査方式)を公告しました。建築や設備工事などを一括で発注します。工期は17年4月30日までです。同市は、昨年2月に一度公告していたが、参加した2者とも入札価格が予定価格を上回り不調となっていました。このため、参加要件の緩和や、予定価格の引き上げなどを行い再公告した。

参加は、単体もしくは、2~3者によるJVから受け付けます。単体とJVの代表企業は、同市で建築一式、電気、管、土木一式の登録があり、建築一式工事と土木一式工事がAランク、経営事項審査の総合評定値が建築一式工事1700点以上、電気工事960点以上、管工事1100点以上、土木一式工事1200点以上の者とします。04年度以降に病院建物(工事対象部分病床数300床以上、免震構造)の新築または増改築の元請としての施工実績が必要です。

JVの構成員は、2者の場合は気仙沼市内に本店を置き、建築一式と土木一式がA等級で、建築一式と土木一式の経審の総合評定値がともに700点以上の者とします。3者JVの場合は、残りの1者の構成員が宮城県内に本・支店を置き、建築一式と土木一式がA等級、経審の総合評定値が建築一式650点以上、土木一式700点以上の者とします。

工事場所は赤岩杉ノ沢8の2ほか、建築面積は8062平方メートル。建物の規模はSRC造地下1階地上6階建て延べ2万8458平方メートル。免震構造を採用します。工事種類は、▽建築本体▽電気設備▽機械設備▽昇降機設備▽付帯施設▽外構▽造成-の各工事です。

再公告に当たっては、参加要件に3者JVを追加しました。単体やJV代表企業に求める配置予定技術者についても、前回公告時には病院建築の実績を持つ監理技術者の専任を要件としていましたが、企業としての実績があれば認める形に緩和しました。さらに、労務・資材価格の上昇や、前回入札時の予定価格と応札価格の隔たりを踏まえて、予定価格を引き上げたといいます。一部の仕様を見直しコスト縮減も図りました。基本設計・実施設計は日建設計が、基本構想・基本計画はシステム環境研究所が担当しました。

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244