被災地で「みらい造船」起工 19年春稼動

【 PRポイント 】

宮城県気仙沼市に新しく造船施設が建設されるそうです。

 東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市の造船会社4社が設立した「みらい造船」の新たな造船団地の起工式が21日、同市朝日町の現地であった。市が造成する新しい工業用地に集約移転して2019年4月の稼働を目指し、国内の漁船漁業を支える。
式には国や県、市の関係者ら約120人が出席。みらい造船の木戸浦健歓社長が「うれしい思いとともに責任も感じる。震災から苦労はあったが、4社の合併やたくさんの支援を力にしながら、会社名の通り『みらい』が感じられる造船所に育てたい」と述べた。
造船施設は、市が国の津波復興拠点整備事業を活用して用地買収と造成をする敷地4.1ヘクタールに建設。国内で3例目となるリフトで船舶を引き入れる「シップリフト方式」を導入する。従来より効率的な建造や修繕が可能となり、約200トンのサンマ漁船を10隻同時に作業することができる。

引用元 河北新報社 2016年10月22日記事より

 

東日本大震災で被災した気仙沼の造船会社が地元の造船業を守る取り組みが着々と進められています。

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244