有名建築家が被災地で活躍

【 PRポイント 】

 東日本大震災の被災地で、有名建築家が設計した公共施設が続々と誕生しています。復興支援の一環として手掛けられたもので、集会所や駅舎、児童施設など種類はさまざまです。独創的な外観で地域再生の象徴となるだけでなく、被災地に多くの人を呼び込む観光資源としての役割も期待されています。
 3月21日、JR石巻線の全線再開に合わせて、再建された宮城県女川町の女川駅も開業しました。
 宮城県南三陸町では、世界的に知られた建築家が市街地再生の全体構想の策定を担います。同氏は市街地と復興祈念公園をつなぐ橋の設計も手掛けており、2016年度の完成が見込まれています。
 公共施設は建設費や仕様に制約がある場合が多く、著名な建築家を設計者に起用できる機会は少ないのですが、震災後、被災自治体には数多くの建築家から協力の申し出があり、意匠を凝らした建屋の整備が可能になりました。
 デザインの提供にとどまらず、建設費用を自ら調達しているケースもあります。「帰心の会」を結成させた建築家5人は、釜石市平田や仙台市宮城野区の仮設住宅など岩手、宮城、福島3県の12カ所に、集会所「みんなの家」を誕生させました。
 地元の民宿組合の組合長は「有名建築家による建物目当ての来訪も期待できます。現地で地域の魅力も感じてほしいです」と話しています。

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244