復興庁が認定 大船渡のまちなか再生

【 PRポイント 】

岩手県大船渡市が東日本大震災からの復興事業として新市街地に商業機能を集約する「まちなか再生計画」が、復興庁の認定を受けました。岩手県内では山田町、陸前高田市に続き3例目です。

事業計画によると、計画区域は大船渡地区の旧中心市街地9.9ヘクタールで、3~4メートルかさ上げします。
8街区に分け、2街区でまちづくり会社「キャッセン大船渡」が共同店舗を整備します。飲食店など14店舗が入居する施設は、建築面積約1395平方メートルで整備費は5億7000万円です。小売店や衣料品店など16店舗が入居する施設は、約3570平方メートルで整備費は7億3500万円です。ともに6月着工、12月開業を見込みます。
ほかの街区にはスーパーとホームセンターのショッピングセンター(SC)やホテル、商店街などの整備が進みます。ホテルは3月、SCは4月以降に開業予定です。
JR大船渡駅前には、公共交通の中心となる広場や交流施設を配置します。

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244