建設業界の動向

【 PRポイント 】

2013年度予算では、公共事業費が前年度の4.6兆円から15%増の5.3兆円規模となり、昨年度の緊急経済対策の補正予算と合わせて総額10兆円超の公共事業が始動しました。

また、折からの低金利やアベノミクス効果もあって、2012年度の新設住宅着工戸数は前年度比6.2%増(国土交通省)となるなど民間投資も回復の兆しが見られます。

 

TDB景気動向調査(全国)でも、2012年5月の建設業の景気DIは前月比1.2ポイント増の47.6となるなど5ヵ月連続で改善されており、「仕事量が豊富であり、今後大型物件も数多くある」との声も聞かれ建設市況はここに来て大きく改善しています。

しかし、一方で、「職人が足りず業者間での引っ張り合いとなっており、受注したくても出来ない状況である。資材の高騰もあり非常にバランスが悪い」との声も聞かれ、激しい価格競争に加え、建設労働者不足に伴う建設コストの高騰、円安に伴う資材価格の高騰、また、大手行の住宅ローン金利引き上げや、来春の消費税増税後の反動減など懸念材料も多いようです。

参照元:帝国データバンク

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244