宮城 地元建設業向けに実物セミナー 【情報化施工】

【 PRポイント 】

日本建設機械施工協会(JCMA、本部・東京都港区会長)の情報化施工委員会は、5月17日に宮城県岩沼市で、地元建設会社向けに「情報化施工」研修セミナーを開きます。実際の重機に衛星機器を取り付けて、使用法などをレクチャーするもので、現在参加企業を募集しています。

情報化施工は、ブルドーザーやバックホウなどの重機をICT(情報通信技術)で制御する技術です。熟練のオペレーターでなくても、正確でスピーディーな土木施工が可能になり、円滑な復興工事に役立ちます。
同協会では、昨年11月にも同様のセミナーを岩沼市で開き、好評を博したため、2回目を開くことにしました。運営しているのは、委員会の有志で組織した「復興支援ワーキンググループ」で、国内の情報化施工の最先端企業のほとんどが参加しています。

セミナーでは、座学による情報化施工の概要と実務作業、3次元マシンコントロール(MC)のブルドーザー、グレーダーによる実演、3次元マシンガイダンス(MG)の油圧ショベルによる実演、トータルステーション(TS)による出来形計測などを体験できます。

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244