定員割れ 被災4市町で合同採用試験

【 PRポイント 】

東日本大震災で被災した石巻、気仙沼、女川、南三陸の沿岸4市町が、技術職の任期付き職員を募集した初の合同採用試験で、合格者数は定員の72人を下回る40人にとどまりました。受験総数が思うように伸びず、被災自治体の人材確保の難しさが浮き彫りになりました。

募集したのは土木、建築、電気、機械、保健師の各分野です。県市町村課によると、合格者数は石巻24人(募集定員45人)気仙沼6人(14人)女川4人(5人)南三陸6人(8人)でした。定員に対する充足率は55.6パーセントです。

このうち募集が最も多かった土木分野では、石巻が13人(25人)、気仙沼が5人(10人)を確保し、南三陸は定員を1人上回る4人を合格としました。
建築は4市町とも募集の6割以上を確保しました。全体で4人を募集した保健師は応募、合格ともに石巻の1人だけでした。

合同採用試験は、4市町と県が復興の人材確保に結束しようと昨年末に初めて行いました。仙台、東京、名古屋、大阪で説明会を実施しました。93人が受験し、作文と面接試験で絞り込みました。
県市町村課は「人数は足りませんでしたが、自治体や民間企業OBら経験豊富な人材が集まりました。参加自治体を増やして継続したいです」と説明しました。

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244