土木施工管理技士の仕事内容

【 PRポイント 】

 土木施工管理技士とは、土木工事に当たり施工計画を立案したり、工事の現場で指揮管理を行う技術職ということになります。土木工事に当たりどのように工事を進めるのかという作業手順を作成したり、工事日程を調整したり、工期の設定をしたり、資材や機械の手配をしたり、かかる工事費の工数等を検討していきます。

 土木工事には土木施工管理技士のほかにも現場で実際に作業する作業員などたくさんの人が関わってきます。いろいろな立場の意見を吸い上げて、この工事が工期が早く、安全かつ高品質のものができるように最適な施工計画を立案することになります。

 施工計画の立案だけではなく、現場で作業の指揮管理をするということになります。
現場で指揮するとはいっても、直接現場の作業員に手とり足とり作業を指導するわけではなく、作業の流れなどを見てそれぞれの現場の責任者の適切な指示を与えます。現場で進捗管理なども行います。

 土木施工管理技士は資格制度になっており、1級と2級があり、2級はさらに土木と鋼構造物塗装、薬液注入に分かれてきます。
2級土木施工管理技士は、土木と鋼構造物塗装、薬液注入に分かれているそれぞれの主任技術者や監理技術者になることが可能になります。
1級土木施工管理技士は、すべての土木工事において主任技術者や監理技術者として業務にあたることができます。
土木施工管理技士検定試験は、一般財団法人全国建設研修センターが試験運営を行います。

 土木施工管理技士になるためには、建設業や官公庁、土木コンサルタントなどの職場で実務経験を積む必要があります。ある程度の実務経験を積んだら2級土木施工管理技士そして1級土木施工管理技士の試験を受験するということになります。最初は土木技術者として経験を積んでいって、土木施工管理技士の資格を取るとステップアップできます。

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244