土木施工管理技士の主な仕事内容

【 PRポイント 】

土木の仕事を進めるに当たって、土木施工管理技士は現場で作業の監修・指揮をします。
ひとつの工事が行われる際、どのように工事を進めるか、工事日程の調整、工期の設定、工事費の積算等を検討します。
同種工事経験者など、なるべく多くの専門家の意見を取り入れ、この工事が早く、安全にかつ高品質のものができるよう、最適の施工計画を立案します。
この施工計画を受けて、実際の現場で工事を指揮するのも土木施工管理技士の仕事です。
関連する作業の手順、資材・機械の手配を常に考え、工事をスムーズに進めます。
現場で監修・指揮するといっても、直接作業員に手取り足取り作業を指導するのではなく、工事の全体の流れを把握して、それぞれの現場の指導者に適切な指示を与えます。

主な仕事内容は次の3つになります。
・工事日程の調整、工期の設定、工事費の積算同種工事経験者など、なるべく多くの専門家の意見を取り入れ、この工事が早く、安全にかつ高品質のものができるよう、最適の施工計画を立案します。
・施工計画をもとに、現場を指揮する施工計画を受けて、実際の現場で、工事を指揮します。関連する作業の手順、資材・機械などの手配を常に考え、工事をスムーズに進めます。
・工事の全体の流れを把握するり作業を指導するのではなく、工事の全体の流れを把握して、それぞれの現場の指導者に適切な指示を与えます。

近年、施工現場では施工計画や安全面・品質面・工程面が重要視されており、一定予算額以上の公共工事を請け負うには1級土木施工管理技士の配置が必要になるため、1級有資格者で実務経験者は特に優遇されます。

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244