亘理--徳島科学技術高生徒ら 木製遊具40点を児童施設に贈る

【 PRポイント 】

徳島県立徳島科学技術高の生徒らが12日、亘理町を訪問し、自作の木馬や木製の汽車など遊具40点を東日本大震災で被災した町内3児童福祉施設に寄贈しました。来春、さらに約100点を寄贈する予定です。

この日贈呈式が行われた吉田保育所のほか、荒浜児童館、荒浜保育所にも寄贈されました。贈呈式には生徒13人など50人が出席しました。同高の教頭は「生徒が製作した作品は子どもたちの視線に立った遊び心をかき立てるものばかりです」とあいさつしました。建築コースの生徒が代表して「おもちゃで楽しく遊んでください」と述べました。この後、園児との交流会に臨み、木製遊具で一緒に遊びました。

3施設は津波などでいずれも全壊し、現在は仮園舎で保育を実施しています。各地区の小学校隣接地に新しい園舎を建設中で、来春再開予定です。

同高は被災地支援として県内に木製品を贈る活動を2011年度から続け、女川町などにも寄贈しています。今回は建築、環境土木、総合デザインコースの生徒が製作した試作品の中からデザインが優秀なものを選んだそうです。徳島の森林づくり法人やロータリークラブが協力、東北大の震災子ども支援室が仲介しました。

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244