中間貯蔵施設で地権者説明開始へ 環境副大臣、建設に理解を

【 PRポイント 】

東京電力福島第1原発事故の除染廃棄物を保管する国の中間貯蔵施設計画で27日、候補地の福島県双葉、大熊両町の行政区長向けに説明会が開かれました。

井上信治環境副大臣があらためて建設に理解を求め、近く地権者向けの説明が始まる方向となりました。
双葉町の石田翼・行政区長会長は「今後の成り行きを見極めたい」と述べました。
出席者によると、地権者以外の住民にも説明を求める意見や、補償額の算定方法に関する質問が出ました。

計画そのものや、地権者説明会を開きたいとする国の意向に、大きな異論はありませんでした。

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244