下北ドボジョ、小中生向けの副読本作成

【 PRポイント 】

建築、土木分野を目指す若者を増やそうと、青森県下北地域県民局が小中学生向けの副読本づくりを始めました。編集作業に携わるのは地元の建設業などで働く土木系女子「ドボジョ」です。女性の視点で分かりやすく土木施設などを紹介するとともに、業界のイメージアップを狙います。

1回目の研修会では、建設会社や測量会社、市町村に勤務する女性21人が参加しました。むつ市にある漁港、農村公園などを見学しました。ダムでは高さ55メートルの堤体の中に入り、施工業者の担当者から説明を受けました。
測量士補の資格を持つ女性は「施設を実際に見学し、詳しい説明も聞けていい経験になりました。副読本は子どもたちに土木施設が『すごい』と思ってもらえるような内容にしたいです」と笑顔で話しました。

県民局によると、下北地域の高校には建築科や土木科がなく、県内他地域と比べて地元出身の若手技術者が少ないです。小中学生のころから地域の土木施設や建設業界に慣れ親しんでもらい、将来の技術者増につなげたい考えです。
女性らは7~8月に意見交換会に参加し、9月までに副読本の完成を目指します。秋に実施予定の子ども対象のバスツアーで副読本を配布し、女性らがガイド役となって、土木施設などを案内する計画です。
本年度の予算額は250万円です。2カ年事業で、来年度は副読本の改訂などを予定します。県民局の担当者は「10年後を見据え、人材確保につなげたいです。参加者同士の交流や連携にも期待したいです」と話ます。

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244