一級土木施工管理技士 試験の特徴・傾向

【 PRポイント 】

一級土木施工管理技術検定の試験範囲は、
学科試験・実地試験ともに施工管理における非常に幅広い専門分野から出題されます。合格するためには過去の本試験問題や演習問題などを繰り返し行うことにより、自分の実力を把握し、弱点となる部分を補いながらの学習が必要となります。

また、試験の合格率について、平成24年度の一級土木施工管理技術検定学科試験の合格率は54.8%、実地試験の合格率は、34.6%でした。 学科試験の合格率を見る限り、極度に難しい印象は受けないかもしれませんが、ストレートで合格を目指す場合、単純に考えても2割程度の合格率となります。(※学科試験合格者の実地試験合格率を34.6%とした場合は、18.96%)
この事実は、合格基準点すれすれで学科試験に合格した場合、学科と実地の試験に必要な知識が不可分であることを考えると、実地試験でかなり苦戦を強いられることを表しています。さらに実地試験は、実務経験を問う記述形式となっており、現場経験が少ない受験者には難関となります。確実に実地試験で合格するためには、学科試験を高得点で突破するレベルの実力を身につけることが有効な戦略なのです。

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244