土木施工管理技士とは

【 PRポイント 】

088

 

土木施工管理技士は、厚生労働省管轄の国家資格です。資格には1級と2級があって、受験資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)は学歴や実務経験年数等によって、細かく規定されているのです。ただし、1級も2級も年数は異なりますが、実務経験がなければ受験する事が出来ません。

試験内容は、1級は7月に土木工学や施工管理法、法規の学科試験があり、10月上旬に施工管理法の実地試験が行われます。2級は土木、鋼構造物塗装、薬液注入の3種があって、貴方の仕事などに合わせていずれかの試験を受けます。土木は、土木工学・施工管理法・法規の学科試験と施工管理法の実地試験があります。鋼構造物塗装は、土木工学・鋼構造物塗装施工管理法・法規の学科試験と鋼構造物塗装施工管理法の実地試験を行います。

薬液注入は、土木工学・薬液注入施工管理法・法規の学科試験と薬液注入施工管理法の実地試験があります。2級は学科、実地とも10月下旬に実施されるのです。土木施工管理技士の2011年の合格率は、1級の学科が40.8%、実地が20.8%、二級の学科が40.4%、実地が22.3%。1級、2級とも超はつかないものの難関である事は間違いなく、特に実地は難しいです。土木施工管理技士(1級と2級に分かれていて、取得することで社会保険労務士試験の受験資格も得られるでしょう)試験の対策としては、徹底的に問題集をやること。

そうすれば、自分の苦手なところがわかるので、そこを重点的に勉強すればいいわけです。しかし、1級も2級も試験範囲が非常に広いので、独学(周囲の人のペースに合わせる必要はありませんが、継続するには強い意志が必要となります)で勉強するのは結構大変です。できればスクールに通ったり、通信講座や講習会などを受ける事がお勧めです。

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244