【福島県】浮体式風力発電、荒波でも「洋上」可能

【 PRポイント 】

清水建設は福島県沖で行っている経済産業省の浮体式洋上風力発電の実証研究事業で、発電設備の係留作業を進めています。世界最大規模の出力7000キロワットの風力発電設備と、総重量が2800トンとなる8本の870メートルの巨大チェーンを連結し、海底に固定します。

洋上風力発電の係留作業は清水建設と新日鉄住金エンジニアリングで構成する共同企業体で実施。7月28日に7000キロワットの洋上風力発電設備を搭載したL字型の浮体を、福島県小名浜港から福島県楢葉町沖約20キロメートルの海域にえい航。順調にいけば8月9日に作業が完了します。

今後は洋上風力発電設備と洋上変電設備をケーブルで連結し、9月下旬に作業を終え10月初旬にも発電が始まります。

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244