【福島】 被災復旧工事20年度に完了

【 PRポイント 】

福島県は、東日本大震災で被災した堤防や道路のうち県が担当する復旧・復興工事について、復興・創生期間の最終年度となる2020年度内に完了させる見通しを示しました。
県によると、津波で新地町など9市町村の堤防や道路計519カ所が損壊しました。ことし3月末までに全体の約65%に当たる338カ所で完了し、18年度に道路304カ所や港湾・漁港15カ所、19年度には河川・海岸の堤防など117カ所で工事を終えます。津波避難経路21カ所、津波などから農地を守る海岸防災林8カ所は20年度末までに整備します。

東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域では災害査定済みの道路39カ所を17年度内に復旧させます。
整備の工程は新生ふくしま復興推進本部会議で明らかにしました。知事は「事業の見通しが立ち、浜通りの復興に弾みがつきます」と述べました。

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244