【石巻】 再生の針路/自立支援 早急に対応

【 PRポイント 】

本年度は新市街地のまちびらきやJR仙石線の全線復旧などがあり、復興を実感できました。一方で、2011年12月に策定した復興基本計画の目標からすれば、防潮堤や漁港、高盛り土道路などの整備は目標年度から少なくとも1、2年遅れています。16、17年度が正念場です

■仮設集約 丁寧に
-いまだに約9000人が仮設住宅で暮らしています。
「住まいの再建が進まないと復興が進んだとはいえません。本年度末までに完成する災害公営住宅は2452戸で目標の4500戸の54%ですが、新年度末には80%を超す見込みです」

-最大の課題は
「仮設住宅に入居する自立困難な方々の対策です。調査では、1117世帯が住まいの再建方法を決めかねています。高齢者や生活困難者が多いので、支援策として3月には自立再建プログラムを作り、早急に対応する予定です」

-入居率30%以下の仮設住宅団地には集約の計画もあります
「学校のグラウンドに仮設住宅があり、運動がままならない所や、地権者に返還を求められている所を優先します。集約する拠点の団地を決め、移転してもらう方針です。入居者の心身に負担を掛けるため、理解を得ながら丁寧に進めます」

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244