【相馬福島道路】 桑折高架橋が着工、沿線全市町で開始に

【 PRポイント 】

 相馬福島道路のうち霊山インターチェンジ(IC)―福島北ジャンクション(JCT、いずれも仮称)間(12.2キロ)の桑折町に建設される桑折高架橋(仮称、1218メートル)の着工式は、同町字東向田で行われ、関係者が工事の安全を祈願しました。今回の着工で、相馬福島道路沿線の4市町全てで工事開始となりました。

 これまで相馬、丸森(宮城県)、伊達の3市町で工事が進められていました。同高架橋は相馬福島道路約45キロの中で最長です。一部区間は東北新幹線と東北線の上部をまたぐ格好で建設され、相馬福島道路と東北道を結びます。

 式に先立ち、安全祈願祭が行われました。式では東北地方整備局長が「東北全体でも非常に重要な路線となります。安全・安心な工事に努めていただきたいです」とあいさつしました。

 霊山IC―福島北JCT間の用地取得率は約79%(3月末時点)です。福島河川国道事務所は工事の状況を見極めた上で、同区間の開通目標時期を示す方針です。

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244