【点検復興創生】 創造的事業と両立挑む

【 PRポイント 】

登米市中田町の三陸自動車道登米インターチェンジ付近で、県が2020年度全線開通を目指す「みやぎ県北高速幹線道路」(全長24キロ)の建設が進んでいます。

県は東日本大震災後、1995年着工の県北高速を沿岸と内陸を結ぶ復興支援道路と位置付けました。集中復興期間(11~15年度)は全額国費で97億4000万円をつぎ込んだが、15年度末の執行率は事業費ベースで3割にとどまっています。

地元からは「負担が建設の遅れにつながっています」との不安も漏れていますが、県土木部は「問題ありません。事業は計画通り進めます」と説明しました。
県北高速分をはじめ、16年度に新たに生じる地元負担は、ハード整備を中心に30事業計18億円です。道路整備4億円、防潮堤建設5億円などで、橋の耐震化や漁港整備も自己負担が増えます。

仮に20年度で事業が完了しなかった場合、その後も同じ負担割合で事業が継続できるかは不透明です。20年の東京五輪需要で、被災地から資材や人手が流出するとの懸念も庁内に漂います。

■民間支援手厚く
復興事業に新たな地元負担が発生するというステージに立ちながら、知事は自ら掲げた「創造的復興」の完遂に向かってまい進します。
知事は、予算案発表で「まいた種が花を咲かせ、実がなる時期になりました」と語りました。厳しい財政運営と目玉プロジェクトの両立という難題に挑みます。

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244