【岩手県】 違法派遣 違法の実態放置か

【 PRポイント 】

東日本大震災の復旧工事で、小野新建設(岩手県岩泉町)が仙台市青葉区の建設会社から法律で禁じられた建設作業員の派遣を受けた疑いがある問題で、工事を発注した岩手県は、県職員が建設会社幹部と無料通信アプリLINE(ライン)で違法派遣の実態についてやりとりしていたことを明らかにしました。県や岩手労働局への報告はなく、結果的に違法の実態が放置された可能性があります。

県によると、工事を監理する沿岸広域振興局土木部岩泉土木センターの職員が、河北新報社がラインでやりとりした画像を報じた、「2014年夏ごろに建設会社幹部からラインで違法派遣の実態を打ち明けられた」と申し出ました。面会で相談も受けたといいます。

職員は面会直後、上司の課長に報告し、課長は小野新建設に問い合わせ、「問題ない」との回答があり法令違反はないと判断しました。監督する県土整備部や労働者派遣法を所管する岩手労働局に報告しませんでした。

職員は「相手方から決して口外しないようにと言われました」と話しています。県に事情を聴いた際にはラインのやりとりを否定しました。知事は定例記者会見で「ラインのやりとりはなかったと報告を受けています」と述べました。

仙台市の建設会社幹部は「公になれば現場にいられなくなります、と話したことはありますが、『決して口外しないでください』と強く口止めした事実はありません」と話しています。
県土整備部の副部長は「上司が関係機関に情報を提供しなかったことに問題がありました。法令順守の徹底を図ります」と話しました。

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244