【ソーラーフロンティア】第4の太陽電池工場を宮城県に建設することを発表しました

【 PRポイント 】

ソーラーフロンティアは、同社の主力太陽電池であるCIS薄膜太陽電池の国内4番目の生産拠点として、宮城県黒川郡大衝村に、「東北工場(仮称)」を建設することを決定し、2015年3月までに稼働させる計画であることを明らかにしました。

同工場の投資額は約130億円で、広さは敷地面積で7万m2、建屋延べ床面積は1万5000m2です。公称生産能力150MWが予定されています。

同社代表取締役社長は、新工場について「世界市場で成長していくための礎となる工場」と表現しています。2010年にブランドを統一して以降、開発、生産、販売を軌道に乗せ、2013年度は通期黒字の見通しとなっているこのタイミングで、今後の世界を見据えた展開を図っていくことを目指し、先端の高効率CIS薄膜太陽電池の製造能力と世界トップクラスのコストを実現したモデル工場を立ち上げることを決定したといいます。

同社は既存3工場を宮崎県に有していますが、今回を新工場を宮城県に決めたことについて同氏は「ソーラーフロンティアとしては、優れた太陽光発電技術をベースに社会に貢献していくことを目指してきました。

東北には優秀な人材が多くおり、また今回入居を決めた工業団地には先行して大きな企業の工場もありインフラが整備されています。そして何よりも宮城県の熱心な誘致がありました」とし、東北の再生可能エネルギーの普及に貢献し、地元と協力して雇用の創出を図り、地元経済への寄与を図りたいとしました。

なお、第4工場は、次世代高効率モジュールの開発・製造といった近未来の技術の確立という側面を持っており、最終的な目標としては多結晶シリコン太陽電池と同等もしくは少し上回る程度の変換効率を目指すとしているほか、150MWという製造サイズを1つのパッケージとして、消費地に近い地域に展開し、地産地消も狙っていくためのベースとなる役割も持たせていくといいます。

職種
雇用形態
勤務地
待遇
業務内容
勤務時間
給与
必要な資格・経験
休日・休暇

0120-355-244